iPodにデジタルフォトを保存

iPodをポータブルハードディスクとして利用して、記憶媒体として使用できます。


記憶容量がたっぷり用意されていると、どこに出かけたとしても、特定のファイル(たとえば、履歴書や学校の最新プロジェクトなど)を常に利用したい場合に、実に便利です。
iPod対応のメディアカードリーダーを利用して、iPodにデジタルフォトを保存することも可能です。
これは、写真を撮っていてメモリーカードがいっぱいになってしまった時に、とても便利な機能です。
カードリーダーをiPodに接続して撮影したデジタルフォトをダウンロードし、カードからそのデジタルフォトを消去すれば、さらにたくさんの写真を撮影してカードに記録できます。
後で、iPodをコンピュータにつなげば、DCIMフォルダにデジタルフォトが記録されているのを確認できます。
特別なソフトウエアは必要ありません。
最初にiPodを接続したときの設定アシスタントで、どのフォルダから画像を転送するか、設定します。
すでに設定したところと違う場所の場合は、設定しなおします。
iTuneの「編集」「設定」で設定します。
詳しくは
iPodのいろいろな活用法

コメントを残す

このページの先頭へ